AnbLnの日記

AnbLn@ぽりえすてるのブログ

iPhoneアプリ内課金テスト

こんにちは、AnbLnです。

 

スクショ連結くんアップデートの申請を完了しました。

 

前回の補足としてアプリ内課金のsandboxテストを行ったので記事に残します。

 

前提としてアプリの実装は終わっているものとします。

 

アプリ内課金を実装するには、まずiTunes Connectからプロダクトを登録する必要があります。

このときプロダクトにユニークなIDを与えます。アプリ内でユニークではなくiTunes Connect内でユニークです。つまり他のアプリで使っているIDは使えません

 

次にiTunes Connectのユーザと役割からsandboxテスターを登録します。登録したアカウントでアプリ内課金テストが行えます。

f:id:AnbLn:20180407093628p:plain

 

f:id:AnbLn:20180407093634p:plain

 

ただし、リリース環境ではアプリ内課金テストは行えません。試しに要求を送ったところ失敗しました。

しかもIAPプログラミングガイドにはsandboxテスターをリリース環境に使用したら、アカウントが無効になり使用できなくなると書いてあります。

(実際は使えましたが、やらないほうがいいでしょう)

 

従って、リリース済みのアプリをテストする場合、テスト用のアプリを登録する必要があります。

f:id:AnbLn:20180407093631p:plain

 

めんどくさいのは、テストする場合、Bundle IdentifierとproductIdentifierをテスト用に変更しないといけないことです。

というのも、アプリからプロダクト情報を要求するときにプロダクトID(productIdentifier)を指定します。

このとき返ってくるのは、バンドルID(Bundle Identifier)が一致するアプリの中のプロダクトです。

リリース済みアプリとテスト用アプリは別のアプリなので、両IDを変更しなければなりません。

 

でも、この二つのIDが一致していればテストは正常に動くので、TestFlightのビルドを送信しなくても大丈夫です。

 

以上でアプリ内課金テストのまとめは終わりです。

 

 

ところで、スクショ連結くんがもう少しでアップデートされるのでぜひ使ってみてください。

画像を簡単につなげられる-スクショ連結くん

画像を簡単につなげられる-スクショ連結くん

  • POLYESTER
  • ユーティリティ
  • 無料